金色のガッシュ!! (雷句誠)

少年サンデーで連載されていたファンタジー漫画です。物語は、天才ゆえにクラスに馴染めず不登校を繰り返していた中学生の高嶺清麿のもとに、赤い本を持ったガッシュという子供がやってくるところから始まります。赤い本に記されている呪文を唱えると口から電撃が出る不思議なガッシュですが、清麿の心を鍛え直すというガッシュと不思議な力によって清麿の日常は大きく変わっていきます。そして、清麿とガッシュの前に、ガッシュの本と似た本を持つ敵が次々と現れ、ガッシュは千年に一度行われる「魔界の王を決める戦い」で選ばれた100人の魔物の子供の1人であることを知ります。本を燃やされれば魔界に帰るというルールの中で、ガッシュと清麿がともに成長しながら王を目指していくファンタジー漫画となっています。

この漫画の魅力は魔物の子供達が戦いを通して成長していくところにあります。人を騙したり傷つけたりして王を目指す敵との出会いや、本来優しい心を持っているが、本の力によって戦わされてしまう子供と出会いの中で、ガッシュは「優しい王様」を目指します。戦いの中で出会う仲間たちも、戦いを通してそれぞれが理想の王様を見つけ、目指していきますが、そういった目標を見つける過程や、目標を目指す姿に心を打たれます。また、魔物の子供と人間のパートナーの関係がドラマチックに描かれていて、感動的なヒューマンドラマが随所に詰まっています。

そしてもう一つの魅力がコミカルなキャラクターの個性やギャグシーンです。一人一人のキャラクターが非常に個性的に描かれており、アニメ化とともに作中のキャラクターの曲がCD化されたぐらいギャグシーンも濃いです。王道のツッコミから、作者である雷句誠の独特の笑いの世界まで、笑いの要素が詰まっていて大人から子供まで楽しめる作品となっています。