元気がない時に読む漫画「センセイ君主」

私がお勧めしたい漫画の一つに少女マンガのセンセイ君主があります。
おばかだけど、一途でまっすぐな主人公の佐丸あゆはと、クールで人に興味がなく教師という職業も好きでやっている訳ではない人生に無気力なイケメンの弘光先生が織り成すラブコメディです。
先生と生徒の恋愛となるとシリアスでお互い好きなのに互いの立場を思う故に動けないなど、もやもややまどろっこしく感じてしまう私ですが、この漫画は全然違います。
あゆはがおばか過ぎて、それに先生が飲まれてしまい、先生もバカに感化されて、そして、ライバル達もバカに感化されてとツッパっしてしまうため、まどろっこしいどころか、むしろ痛快で読んでいてすっきりします。
悩みがあり、障害があってもそれを持ち前のひたむきさで解決しようとするあゆはは、いつも裏目に出てしまいますが、その裏目にでた時でさえ、クスっと笑えてしまい、嫌味がないのです。(例えば、新婚の新居を先生が働いている間に快適にしようとして、逆に迷子になって警察に保護されて先生に交番に迎えにきてもらうというおばかなエピソードが好きです。)

コメディ色が強いのですが、弘光先生が決めてくれるところでは、男としてキュンとくるセリフや行動で決めてくれるので、胸きゅん要素もある王道な女子漫画に沿っていないことも嬉しいです。
弘光先生の名言はたくさんあり、その名言を聞いているとこんな風に愛されてるさまるんは幸せだなと思い、こちらも幸せになります。
また、ヒーロー特有の女子に優しい優柔不断な所がないので、あゆは以外の女子にははっきりつあゆはが好きという事をがつんと言ってくれるところも、スカっとします。

出てるる登場人物もライバルさえ何だか、憎めないキャラで、元気がない時はパワーをもらっています。笑えて、胸きゅんするラブコメディが読みたい方にお勧めです。